レビュー 金津園ソープ

金津園の激安ソープ『エル』で熟女体験

kanaduen_eru

岐阜県金津園ソープ街は高級志向のお店が多くあります。
全体的に「高級店」を目指している風潮があるので、実際は格安店とか激安店であってもサービスは決しておざなりなものではないのが金津園ソープのよいところなんであります。
他の地域の格安店では店員設備、スタッフの質なども金額に比例してたりしますが、金津園の最低ラインは遥かに高く、それは「接客業」に対する考え方の文化的な違いなのかもしれません。
男性客の女性に対する好みは色々とあり複雑です。
好きな女性の年齡一つとってもロリ系から熟女まで幅広いでしょう。
金津園ソープ『エル』はこのキャストの年齡によりランクをつけており、システムも違います。
30代以上のキャストが好みならかなりの「激安店」なのです。
『エル』も金津園の習慣にならって「高級志向」を打ち出す広告を出していますが、金津園ソープをよく知る人の間では「エル」は激安店として認識されているようですし、実際の金額もかなり安いです。
名物女性オーナー?の砕けた接客は、女性ならではの細やかなな気配りがあり独特です。
エルの難点は個室の狭さなんですが、実際に使ってみるとプレイスペースの大小など、所詮は「気分的な」ものであることに気づきます。
実際のプレイにはさほど支障を感じません。
システムは大きく分けて30歳未満の「青い果実コース」と30代以上の「熟した果実コース」の2パターン。
風俗店は年齡を若くサバ読むことが通例となっていますので、ここまではっきりと分けられているのは逆に良心的。
お客にとってはメリットな部分も多く、失敗を引き当てる可能性も少なくなります。
100分コースで比較すると熟した果実が30,000円、青い果実が37,000円となり、初回のみ3,000円の入会金がかかります。
これ以外は複雑なコースはないのでシンプルなシステムです。
『エル』の人気はこの「熟した果実コース」に集中しているようです。
いくつかのソープ店を渡り歩いたようなベテランキャストがこのコースに多く「接客」に関しては申し分なく、当たりを引けば高級店なみのサービスを受けることも可能です。
先日HPを見て予約し、平日の正午に入店してまいりました。
噂通りの小型の店舗でしたが、掃除は行き届いていて不快さはゼロ。
女性オーナーのオススメの嬢を素直に聞き入れて32歳のK姫に決定して待合で待機です。
お声がかかり、階段のところでK嬢と対面、フレンチキスを受けて個室に入りました。
狭い個室は逆に緊張感が増していい雰囲気。
ナチュラルな話術はかなりベテランなのか、癒やしすら感じました。
即Fをしてもらい、洗体してマットですが、これまたハイテクニックです。
ゴム無しOKということで、お言葉に甘えて中で射精。
K嬢の考えでは「いかに多く抜くか」がテーマのようで、余計なスキマを作らずにガンガン立たせてガンガン抜くという誠意あるサービスをしてくれました。
ちょっと変わった店ですが、長くソープ通いをしていると正直「飽き」もきます。
たまにこんな感じのお店で箸休めするのもいいんじゃないでしょうか。

http://kanazuen-club-l.jp/

Copyright© 2015 ソープランド愛好家、色街をゆく。