福原ソープ

福原のソープには若い人が多い?

fukuhara

福原は日本でも屈指のソープ街として知られています。
その規模は60店舗近くとなっていて、店舗数だけで言えば吉原には遠く及ばないものの日本では三本の指に入るくらい大きなソープ街となっています。
数多くのソープ店が軒を連ねている福原ですが、よく言われているのは「働いている女性に若い人が多い」と言うものです。
果たしてこれは事実なのでしょうか。
ソープランドで働く女性の多くは、20代前半~中盤です。
地方によっては若い人がいないソープランドもありますが、そういったものはあまり見かけることはなく、殆どはその辺りの若い女性が働いています。
当然福原でも若い人が多く、年齢マジックを考えても20代の女性が多いというのは事実でしょう。
福原にあるソープランドでは、殆どがホームページを開設していてそこで在籍している女性のデータを確認することが出来ます。
そういった所でも20代の女性が多く見受けられますので、この噂は事実なのではないかと考えられます。
当然福原でも30代以降の女性が働いている所はありますし、熟女・人妻をメインとしているソープランドもあります。
しかし、そのお店の数は60店舗中6店舗ほどとなっていますから、決して多いとは言えないでしょう。
では、そうなるとその年代の人はどこへ行くのかというと、そういった方は福原から同じ関西地区であり、働く女性の平均年齢の高いソープ街へと移る方多いと言われています。
例えば滋賀県の雄琴なんかは有名で、どうしてこのような事が起こっているのかというと、それには客層の年齢というのも一因となっているようです。
福原というのは、一大ソープ街として非常に有名で風俗に慣れた人も初心者の方も多く集まる土地です。
そのため、客層も比較的若く、そういった方々が求めるのは若い女性が多く、それに合わせた福原の街には若い女性を多く用意することになります。
しかし、雄琴という街はまだ比較的新しめのソープ街であり、さらに雄琴温泉などで客層は福原よりも確実に上です。
そうなると、若すぎる20代の女性よりも30代くらいが逆にちょうど良いという具合のようです。
技術が上がってきたベテランになると福原からいなくなってしまうというのは、福原のソープ街にとっては非常に大きな痛手となるのですが、他所に移らない女性が福原に残された数少ない人妻店や熟女店で仕事を続けています。
福原のソープに若い女性が多いのは事実ですが、そんな中で頑張っているベテランの女性も少なからずいるということです。

Copyright© 2015 ソープランド愛好家、色街をゆく。