ソープランド

ソープランドの意外な穴場地方

nakasu

風俗の代名詞とも言われるのがソープランドという業種で、まさに老若男女が知っている風俗の王様と言うべきものです。
近年の店舗型風俗の規制強化に伴いその数は減少傾向にあるのですが、それでも各地に点在していますし、ソープランドが集まったソープ街も日本各地にあります。
しかし、そういったソープ街でも規模が大きいのはある程度人口が密集している地域であったり、何らかの歴史があった地域であることが多く、そういった下地が無い東北地方であったり北陸地方であったりという地域では、ソープランドは殆ど無いという状態です。
東北地方全体で約30店舗、北陸地方でも10店舗近くであり、面積に対するソープランドの数というのは絶対的に不足しています。
では、逆に南の方、九州地方ではどのような状況になっているのかというと、ソープランドに関しては九州地方は非常に恵まれた環境にあると言えます。

九州地方最大のソープ街というと、福岡の中州です。
日本三大歓楽街の一つであり、屋台の飲食店が多いことで知られていますが、それと同じぐらい風俗街としても有名です。
ソープランドの数も多く、地方都市には殆ど見られない高級店も存在していて、全ての価格帯が存在する日本でも指折りのソープ街となっています。
では、九州のそれ以外の地域でのソープランドがどうなっているのかというと、東北などの他地域とは大きく違っています。

一番の違いというのが、知る人ぞ知るというようなソープランドが存在しているということです。
例えば、熊本にはインターネットを利用した宣伝や受付が主流となった現代においても、ホームページすら持っていないソープランドというのがあります。
そのため、ソープランドに詳しい人か周辺地域の人しか存在を知られていないお店となっています。
高級店であるため、現会員の紹介がないと遊べない場所ではあるのですが、価格は吉原などでは中級店と呼ばれる5万円程度、サービスに関しては吉原の最高級店に負けず劣らずという評判となっています。
このソープランドはグループ経営の系列店の一つで、そのグループの店は全て高評価を得ています。

東北を始めとした他の地域では、ネットの普及によってこういった隠れ家的ソープランドでもある程度の情報が広まるようになった現在でもそういった情報が流れないことから、このようなソープランドが存在しているかどうかというのは、可能性として非常に少ないと言えるでしょう。
東京や関西と比べると一つ格下と思われるような九州地方ですが、密かに優良店が存在している穴場の地域となっているのです。

Copyright© 2015 ソープランド愛好家、色街をゆく。